バイタミックス愛用者の【テスコム真空ミキサー極鮮tmv2000】の口コミレビュー♪

「テスコム真空ミキサー 極鮮」をとある美容研究会でお試しして、極鮮(ごくせん)とは食材の色が極めて鮮やかになるから極鮮というネーミングなのだと実感。

新宿伊勢丹、日本橋高島屋でしか販売されていないのでお試しできるのは貴重な機会でした。

恵比寿のジュエルロブション、京都の菊乃井で「テスコムの真空ミキサー極鮮」がなぜ愛用されているのか、秘密を伺ってきたのでシェアしたいと思います。

テスコム真空ミキサー極鮮で感じた特徴は4つ

1、グッドデザイン賞を2016年に受賞したスタイリッシュなデザインの極鮮

 

見かけで買って失敗したことがあるので注意が必要ですが、おうちにあるバイタミックスと比べると極鮮はスタイリッシュなデザイン。

1500mlを一回に作れる大きさとしては大きすぎず、小さすぎないサイズです。本体とボトルを含めて4.6キロなので女性でも動かすことが簡単にできますね。

持ち上げてみるとやはりバイタミックスの方が重かったです。

 

2、テスコム真空ミキサー極鮮で作ると、ビタミン・抗酸化力もアップする

真空保存をすると食材の持ちが良くなるのは劣化速度を抑えられるから。

真空でミキサーして、食材を劣化させないという画期的な真空ミキサーには驚きます。

こちらの写真のリンゴのスムージは、実際に2時間前から置いてあるものでした。

リンゴは切るとすぐに酸化していきますので、それを酸化を止めるために塩水につけたりしますが、リンゴのみで作った上の写真のリンゴスムージーの真空あり・なしを見ると一目瞭然の差です。

どちらを飲みたいか?と言われたら、もちろん綺麗な色のリンゴジュースです。その方がビタミン・抗酸化力も強いですから。

真空ありの上澄みの方から色が濃くなってきているのは空気に触れて酸化しているからです。

食材の持つ力を余すことなくいただくには真空で作ったジュースがいいですね。

3、テスコム真空ミキサー極鮮はなぜ塩分を控えられるの?

ジュエルロブションのアランデュカスシェフ、三國シェフ、菊乃井、世界一のバーテンダー石の華からも絶賛される真空ミキサー極鮮は、色味と美味しさの魅力を最大限に引き出せるから。

枝豆のすり流しを作るために、枝豆・片栗粉・だし汁・塩をお試しで作ったところ、テスコムの真空ミキサーでは塩分が強くなったそうです。

普通のミキサーで塩を入れると、ミキサーの攪拌力で塩も飛んで味がボケてしまうそうです。真空で作ると塩を入れても味が飛ばないため、塩分を控えることができます。

 

4、テスコム真空ミキサー極鮮で作るお野菜の色の鮮やかさ

真空で作ると色の鮮やかさが違います。テスコム真空ミキサー極鮮の使い方は

1、空気を吸引して0.3気圧まで下げる

2、ミキサー

3、自動停止

の3段階が自動で行われるのでボタンを押すだけでOK

気圧が下がっていると蓋があかないので気圧を元に戻すと、色がさらに鮮やかになります。

一番色が飛びやすいのが紫色なのですが、ぶどうで見て見ると普通のミキサーとテスコム真空ミキサー極鮮では同じタイミングで同じ時間ミキサーしたとは思えないほど色味が全く違います。

綺麗な紫色を作り出すことができるので、星をいくつも持っている食の職人にも愛用されているのです。

 

テスコム真空ミキサー極鮮を家で使うなら

1、気にならないサイズや音

テスコム真空ミキサー極鮮は横が27センチ、奥行きが20センチあれば十分なので、ノートパソコン1台分ぐらいの場所が確保できればOK♪

バイタミックスより小さく感じるのは、デザインがスタイリッシュだからですね。

音はバイタミックスに比べると無音と言えるぐらい静かでした。近所への音が気になる方はテスコム真空ミキサー極鮮をおすすめします。

2、1回で3回分のスムージを一気に作れる容量や用途

テスコム真空ミキサー極鮮は1.5Lのミキサーの最低使用量は300mLとなります。

今までは1回1回スムージを作っていましたが、真空にできる400mLまでの真空タンブラーが2つセットになっています。

1回で300mLを飲むとして、300mL×朝・昼・夜=1200mLを1回で作ってその場で飲んで、後は真空タンブラーに入れるだけでいいとは、かなりバイタミックスよりも魅力的です♪

真空で鮮度を極鮮に保つという発想にすっかり魅了されてしまいました。

オーガニック野菜がついてくるテスコム真空ミキサー極鮮

真空にすることにより、手間が省けるだけでなく、ビタミン・抗酸化力が高い状態で体内に入れることができるので健康にはいいですね。

アンチエイジングをするは老化の元となる活性酸素を減らす必要があります活性酸素を減らすには抗酸化力が高いものを食べるのが大切です。

テスコム真空ミキサー極鮮は抗酸化力が高い状態で食品を体内に取り入れることができるので健康・美容に最適なミキサーと言えます。

お値段はバイタミックスと変らない75,000円でした。少し高額ですが、お砂糖が入っていいない本物のスムージなどをドリンクスタンドで買うと1000円が相場ですになります。

1杯1000円とすると75000円は、75回分ですので1日3回飲んで入れば25日の1ヶ月弱の計算になります。1日1回でしたら75日で2ヶ月弱。

1杯あたりの金額を200円と考えても4ヶ月〜1年ほど真空スムージーを楽しめる金額になります。

バイタミックスを考え中の方には特にテスコム真空ミキサー極鮮はおすすめです。

テスコム真空ミキサー極鮮は業務用がメインのためあまり流通していない国産品になりますので、劣化版や海賊版にはご注意ください。新宿伊勢丹、日本橋高島屋で販売されていますが、お近くでない場合は公式サイトよりご覧ください。

▶︎テスコム真空ミキサー極鮮公式サイトはこちら

あなたの理想とするビューティーに近づきますように♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です