紫外線の少ない冬にBIHAKUで美白♡1ヶ月の使用結果♡オールインワン美容液口コミレビュー

BIHAKU(美白)にはフラーレン、APPS、幹細胞エキス、プロテオグリカンなどの美容成分を高濃度配合されています。

保湿やハリ、弾力への効果に期待して、紫外線が弱い冬の間にしっかり美白をしておきたいと思って使っています。

合成香料・着色料・鉱物油不使用のオールインワン美容液の口コミレビューです。

BIHAKUオールインワン美容液

BIHAKU(美白)オールインワン美容液とは?

 

何がオールインワン美容液なのかしら?と調べてみました。

はじめは、お化粧水の後にBIHAKU一本で済むからオールインワン美容液?と思いましたが、化粧水も必要だし、正直、乾燥しやすいので乳液クリームを塗らないと「乾燥による小じわ」が増える気がしました。

普通のオールインワンではなく、BIHAKU(美白)にはフラーレン、APPS、幹細胞エキス、プロテオグリカンの4つがギュッと入っているのところがオールインワンなのだと思います!

それぞれの成分を1つづつつけるのは大変なので4つの成分がまとめてあるのは嬉しいところです♡

フラーレン、APPS、幹細胞エキス、プロテオグリカンはどんな効果が期待できるもの?

1、フラーレンは、ビタミンC の172倍の抗酸化力

ダイヤモンドと同じ炭素の同素体でサッカーボールのような形をしているフラーレンの抗酸化力とはどれくらいすごいかというと、

例えば、

酸化とはリンゴの切り口が茶色くなること。酸素に触れて劣化することを指します。

抗酸化とはなかなか劣化しないことを指すため、抗酸化力が高いと劣化しにくいということです。

もっと詳しくお伝えすると、老いの原因になる活性酸素が増えるのを抑えられるのです。

イギリスの研究者がフラーレンを発見し1966年にノーベル化学賞受賞した成分として有名です。

抗酸化力が強い成分として、ビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10がありますがが、ビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10は自ら活性酸素と戦うイメージです。

フラーレンは、活性酸素を掃除機のように吸い込むことができます。

戦うと疲れて死んでしまう成分よりも、掃除機のように吸い込み続ける方が、長時間、安定して活性酸素を取り込むことができます。

だからフラーレンが老化の原因となる活性酸素を減らす抗酸化力が高い成分と言われているのです。

2、高浸透型 ビタミンC誘導体 APPS(アプレシエ)

APPS(アプレシエ)とは美白に効果がある「ビタミンC誘導体」のことで、普通のビタミンCより角質層の奥まで浸透できる成分です。

ビタミンCは紫外線で劣化したしたコラーゲンを元気にする力があるため美肌にいいんです。

ビタミンCとコラーゲンはモチモチ肌の元になるので、美肌に欠かせない相性抜群の組み合わせです。

ビタミンCの中でもAPPS(アプレシス)は肌の奥まで入る処方になっていて、水溶性・油溶性の2種類あります。

水溶性と比べると油溶性の方がゆっくりですが奥まで浸透します。

BIHAKU(美白)に含まれているのは、高浸透型(油溶性)のビタミンC誘導体APPS(アプレシス)でした。

APPSは劣化しやすいので「要冷蔵」で使っていましたが、BIHAKU(美白)のオールインワンに入っていいるお手軽で嬉しいです。

3、幹細胞エキス

再生医療について研究が進むにつれメディアでも報道されるようになってきた幹細胞エキス。色々な効果・効能がいわれるようになってきました。

副作用を含めてまだまだ研究段階だと思いますが、これからの最先端の美容成分だと思って注目しています。

幹細胞エキスとは、幹細胞を培養するエキスのことです。幹細胞が入っている訳ではありません。

幹細胞を培養するエキスには、幹細胞が作るコラーゲン、ヒアルロン酸などの成長因子が入っているのです。

だから、幹細胞エキスはお肌に良いのではないかと言われている段階です。

4、保水力♡ヒアルロン酸の1.3倍あるのがプロテオグリカン

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があるため、お肌のプルプルを保ちやすいと言われています。

保水力があるだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸など潤う成分の促進を司令する成分です。

プロテオグリカンは優秀な美肌への司令塔なんです。

だから私はサプリメントで飲むプロテオグリカン(メレルインナービューティー)を習慣づけています。

ただ飲むサプリメントは表皮(角質層)にくるかはわからないし、時間もかかるので直接お肌に塗ることも大切だと思っています。

BIHAKU(美白)1ヶ月間の口コミレビュー

BIHAKU(美白)にはフラーレン化粧品原料を規定値(1%)以上配合していて、安心できるフラーレンである製品にのみつけてもらえるロゴマークがついていました。

蓋をあけるとプッシュタイプで使いやすい容器になっています。

BIHAKU(美白)オールインワン美容液のテクスチャーは、ヌルッとしたジェルのようなエッセンスです。

スーっと伸ばすとすぐにお肌に浸透していくため、肌残りがまったくない無香料タイプでした。

毎朝、1ヶ月間、フラーレン、APPS、幹細胞エキス、プロテオグリカンのオールインワン美容液を1ヶ月間使ってみた感想は、うっすらシミが減ってモチモチの肌になったかな?と思います。

白い食パンを焼くと茶色くなるように、私の肌はかなり痛んでいましたので、もっとお肌の保水力がつけて、角質除去でシミをとり、保水力を上げていけば、白い食パンのようなお肌に育っていくのでは?と思っています。

私のお手入れ方法は、BIHAKU(美白)のあとに乳液で重ねて保湿もしています。

BIHAKU(美白)1ヶ月間は初回実質無料でお試しできます。

フラーレン、APPS、幹細胞エキス、プロテオグリカンのオールインワン美容液は30ml入りのため、1回で2、3プッシュずつ使っていると1ヶ月間使えます。

BIHAKUは1本1ヶ月で8,900円なので、1回296円のお手入れになります。

5回の定期コースを申し込みすると初回が無料になります。最新のお化粧品をオールインワンでお試ししたい人にオススメの美容液でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です