カルシウム不足には3歳からOK「沖縄サンゴカルシウム」

カルシウムが足りていない記事を書きましたが、カルシウムが足りている食生活を目指してもらえれば嬉しいです♪

まず、カルシウムがどれくらい足りていないか覚えていますか? もう一度おさらいをしましょう♪

参考:東京聖栄大学舛重正一教授 東京農業大学鈴木和春教授監修 ビタミンミネラルBOOK

普通の食事で大丈夫だと思っていたママは、子どももカルシウム不足?!

  • 大人がとるべきカルシウムは650〜800mg/日です。
  • 現実には450mg/日しかとれていない状態で、年々減少傾向にある。
  • 450mg/日とは、1〜2才の1日のカルシウム量です。
  • 子どもを育てる親が意識してカルシウムを取っていなければ、当然子どものカルシウムの摂取量は少ない

沖縄サンゴカルシウム,子ども,サプリメント

カルシウムは骨を強くするだけではない!?

今回はカルシウム不足かチェックしてみましょう。いくつ当てはまるか数えてみてください。

  1. 興奮しやすい
  2. イライラ怒りっぽい
  3. 虫歯になったことがある、固いものが噛めない
  4. 背が低いのが気になる
  5. 血圧が高い

 

いくつありましたか?多ければ多いほどカルシウム不足の可能性が大きいですね!なぜ、カルシウムが不足すると興奮したりするのでしょうか?

それでは1つずつ見て行きましょう

 

1、興奮しやすい

少しの刺激で気分が高ぶるのは、細胞間の情報交換がうまくいかないからです。カルシウムは骨を丈夫にするだけなく、情報の伝達にも機能します。
 

2、イライラ・怒りっぽい

イライラすると、「カルシウム足りていないんじゃない?」なんて言われたりしませんか?細胞や血液にあるカルシウムは情報伝達機能に関係します。だからカルシウムが不足すると、副交感神経が正常に働かずに情緒不安定になります。

 

3、歯が弱い

歯をしっかり磨いているのに虫歯があるのは、歯磨きが原因ではないかもしれません。骨だけでなく歯の形成のためにもカルシウムが必要です。老いてからも使う歯のチカラは毎日のカルシウムの摂取量で作られます。

 

4、骨が弱い

「骨粗しょう症を予防するためにカルシウムを取りましょう!」というキャッチコピーは聞いたことがありませんか?高齢者向けだと思っている方はまちがいです。

骨にカルシウムを貯金できるのは成長期だけ。中高年になってからのためにも、骨の成長により多くのカルシウムは必要です。強い骨でグングン背を伸ばすためにはカルシウムは欠かせないですね。

 

4、血圧が高い

血中カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが血中に流出します。その作用で血圧が上がります。

 

カルシウムが不足していると、骨からカルシウムが溶け出して血液にいくとは怖いですね。常にカルシウムは取り続けていないといけないようです。カルシウムは骨だけでなく人の感情も左右する機能もあるとは驚きますね。

カルシウムの重要性が分かってきましたがので、安全・安心な機能性食品でカルシウムを子どもに補ってあげたいですね。

 

今回は、3才の子どもに1日で300mgのカルシウムのカルシウムを簡単に食べさせられる「おやつ」のようなカルシウムサプリをご紹介します。

「沖縄サンゴカルシウム」公式サイトはこちら▶︎

カルシウム特化型「沖縄サンゴカルシウム」

「沖縄サンゴカルシウム」はカルシウム不足を補いたい3才から食べられるカルシウム食品です。大人用の栄養補助食品は幼児も大丈夫と書かれていることが少ないのであげられないですね。その点、3歳から食べれると記載があるカルシウム食品は安心です。

また、「沖縄サンゴカルシウム」は、子どもが喜ぶヨーグルト味のラムネのような感覚で歯が生えて噛んで食べることができる3歳頃でしたら大丈夫です。

カルシウム,子ども

 

当サイトでは広告には乗っていない情報を独自に調べて、原材料や本当の愛用者の評価も確認しながら「沖縄サンゴカルシウム」についてお伝えしたいと思います。

今回の「沖縄サンゴカルシウム」を通して、子育て中の方が原材料などに興味をもち、より安全安心な商品を選ぶ基準作りの手助けとなれば幸いです。

 

「沖縄サンゴカルシウム」とは?

項目 沖縄サンゴカルシウム 概要
商品名 お茶村 / 沖縄サンゴカルシウム
種類 ヨーグルト味のチュアブルタイプ
価格 1800円 60円/1日3粒あたり
会社概要 創業70年の、茶、健康食品の販売

沖縄サンゴカルシウムの特徴

  • 美ら海の沖縄サンゴカルシウム使用
  • 国内工場で作られている
  • 防腐剤は不使用
  • サンゴを農薬不使用で栽培

「miteteキッズサプリ」のカルシウムの原料ドロマイトと同様に沖縄サンゴカルシウムも天然のカルシウムからできているのですね。

あの綺麗な海の沖縄でしたら子どもが食べても安心安全なイメージが持てますね。しかしイメージだけでは心配ですので、特徴としてあげた点について詳しく見ていきましょう。

沖縄サンゴカルシウム,子ども,サプリメント

「沖縄サンゴ」は食べても大丈夫なのでしょうか?

サンゴカルシウムとは、珊瑚が長い年月をかけて化石化したもので、化石サンゴとも呼ばれています。サンゴカルシウムには天然のカルシウムの他に、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、マンガン、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。

中国、沖縄、スペインなどの地域で食材や薬として使用されていた記録があるほど古くから人の健康に役にたってきたものだそうです。

また、サンゴが育つには海が綺麗である必要があります。サンゴは光合成をして酸素を出して、海の酸素濃度のバランスを保つ大きな役割を担っています。数億年前からサンゴは海を綺麗にする役割を担っている生き物なのです。

サンゴを取ることは法律で禁止されています。「沖縄サンゴカルシウム」では、美しい沖縄の海で育てた食品原料として流通しているサンゴです。

 

「沖縄サンゴカルシウム」の原材料は何でしょうか?

沖縄サンゴカルシウムの原材料一覧
乳果オリゴ糖、還元麦芽糖、硬化菜種油、ボタンボウフウ粉末、乳たんぱく分解物(乳成分を含む)/サンゴカルシウム、キシリトール、香料、甘味料(甘草)、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

原材料名はそれぞれ何g入っているかは企業秘密で公開されていませんが、基本的に入っている量が多い順に記載されています。今回は、企業に何g配合されているか問い合わせてみました。

沖縄サンゴカルシウムの成分の一部(3粒分)
カルシウム 300.00mg
マグネシウム  17.84mg
ビタミンD 2.7マイクロg
葉酸 3.6マイクロg

 

ビタミンDは腸からのカルシウム吸収を助ける役割があります。沖縄サンゴカルシウムにはビタミンDが配合されているので、カルシウムを腸からも吸収される工夫がされています。

葉酸は1941年にホウレン草の葉から発見されたので葉酸と名付けられました、ビタミンB9です。妊婦さんが飲むイメージが強い葉酸ですが、野菜が苦手な子どもは嬉しい葉酸ですね。

 

甘みは何でできていますか?

それでは、次に子どもが大好きな甘み、でも虫歯菌も大好きな甘みについての成分を調べてみましょう。もう一度原材料名を表示します。

いくつ甘み成分を見つけられますか?

沖縄サンゴカルシウムの原材料一覧
乳果オリゴ糖、還元麦芽糖、硬化菜種油、ボタンボウフウ粉末、乳たんぱく分解物(乳成分を含む)/サンゴカルシウム、キシリトール、香料、甘味料(甘草)、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

お分かりになりましたか?それでは正解を赤字で発表いたします。

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

沖縄サンゴカルシウムの原材料一覧
乳果オリゴ糖還元麦芽糖、硬化菜種油、ボタンボウフウ粉末、乳たんぱく分解物(乳成分を含む)/サンゴカルシウム、キシリトール、香料、甘味料(甘草)、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

沖縄サンゴカルシウムの原材料には主に4つの甘味が使用されていました。上から順に確認しましょう。

乳果オリゴ糖:ビフィズス菌を増やして腸内の環境を良好に保つので、おなかの調子を整えます。また、虫歯になる心配もないのがオリゴ糖の特徴です。

還元麦芽糖:虫歯にならないのが特徴で、還元麦芽糖(マルチトール)の原料は、とうもろこしやじゃがいもなどのデンプンから作られています。

キシリトール:白樺などのの樹木から採れる「キシラン・ヘミセルロース」を原料とする甘味料で、多くの野菜や果物にも含まれています。また、歯垢の増殖を抑える効果があります。もちろん、虫歯になりにくいとされています。

甘草:乾燥させた甘草(カンゾウ)という草の根から調整される物質で、炎症を抑える働きや、特定の細菌やウィルスやがん細胞の撲滅効果があります。

甘みにも色々な機能性食品があり、虫歯の元となる砂糖だけではないことが分かりますね。「沖縄サンゴカルシウム」は虫歯になりにくい子どもや親に優しい素材を使っていますね!

「沖縄サンゴカルシウム」の原材料のまとめ

大人が飲むサプリメントと違って、子どもは味がイヤだと「口から吐き出します」一度嫌いになったものは、大人が頑張っても言う事を聞いてくれないのが幼児の特徴です。「沖縄サンゴカルシウム」は3歳からのサプリメントですので砂糖などで甘みをつけるのは仕方ない部分もあります。

全体の原材料の表示から考えても、カルシウム、ビタミンD、葉酸と子供用に配合されています。

沖縄サンゴカルシウム,子ども,サプリメント

「沖縄サンゴカルシウム」の食べ方

「沖縄サンゴカルシウム」のサイトでは3歳からと表記がありました。では3歳の基準とは何でしょうか?

育児には様々な考え方や方法がありますが、一般的に1歳ごろから歯が生え始め、離乳食を食べ始めます。2才過ぎたら普通食を食べているお子さんも多いですね。歯で噛む咀嚼力(そしゃくりょく)をつけられたらキッズサプリを試しても大丈夫な年齢と言えそうです。

また、与え方ですが普段お菓子を食べていない子どもには「沖縄サンゴカルシウム」は甘く感じると思います。キャンディー・ラムネ・チョコレート・キャラメルなどと同等の「おかし」として出すのがおすすめです。

コラム 陣痛より痛い?!尿路結石の原因はカルシウム不足?!

最先端の医療技術の特集で、体内にできた結石をレーザーで細かく砕く手術の様子を見ました。その時に尿路結石になった女性が、「陣痛より苦しい痛み」だったと表現していました^^;

カルシウムを摂りすぎると結石ができるのでしょうか?

実際はカルシウムの不足によって骨から溶出したカルシウムが結晶化するそうです。口から摂取したカルシウムの量が多くて体がカルシウムを必要としないときは体内に吸収されず、そのまま、体外に排出されます。だから摂取し過ぎでカルシウムが結石になることはありまsねん。厚生労働省では男女ともに2300mgをカルシウムの上限と定めています。

今回、カルシウムを調べているうちに、あの尿路結石になった女性が、「陣痛より苦しい痛み」と言った結石の原因はカルシウム不足かもしれない!?と思って調べてみましたら、やはり、カルシウム不足により骨から血中にカルシウムが流れて結石になるということが分かりました。

カルシウムが不足すると結石ができる、覚えておきたいですね。。。

 

「沖縄サンゴカルシウム」公式サイトはこちら▶︎

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です