0円だけど絶対喜ばれる「母の日」に贈るもの



そもそも母の日ってどんな日?

日本に限らず世界中でお祝いされている「母の日」は日頃のの苦労を労り、母への感謝を表すです。日本やアメリカではカーネーションをプレゼントする習慣がありますが、国によって時期や贈る定番のプレゼントは異なるようです。

5月の第2日曜日の「母の日」にはお母さんにゆっくり過ごしてもらいたいものですね。

お母さんを喜ばせる“お花”の選び方

カーネーションは品種も多く形も色もカラフルで、5月にはお店はカーネーションで咲き乱れています。お母さんは何色がお好きですか?好きな色を選んでみましょう。お花は一輪から買えますので一輪から花束、フラワーアレンジメントや鉢植えまで幅広い予算に応じてチョイスできます。

気をつけたいのが、鉢植えです。毎日忙しいお母さんに鉢の世話はちょっと大変かもしれません。でも、ガーデニングが趣味のお母さんでしたら大丈夫ですね。

そして、母の日に毎日の感謝の気持ちを込めてお花を選んでみませんか。せっかく選んだのだからメッセージカードをつけてもらいましょうね。「いつもありがとうございます」と書いてみるだけでお母さんの嬉しさはグーンとアップします。


サプライズもあり!?“お花以外のプレゼント”の選び方

一口に、プレゼントといっても、形に残るものと体験型の2種類があります。母の日のプレゼントは感謝の気持ちを伝えることですので、物として残らなくても大丈夫です。

お外でのんびりできるお食事をプレゼント
食事を作ってくれているお母さんに母の日にはお母さんの一番食べたいお店に連れて行ってあげましょう。イタリアン・お寿司・おしゃれなお店・最近できた気になるお店・ベトナム、タイ料理など女性に人気のお店はたくさんあります。

食べたいものを聞いてお店に「母の日のプレゼントの外食なのですが」と一言添えて予約をして
みましょう。もしかしたらいい事があるかも?!




皆で楽しめる、旅行をプレゼント
母の日に家族全員で楽しく過ごす計画を立てるのもきっと楽しいはず。お母さんにとっても皆の笑顔を見ながらのんびり美味しい時間を過ごせたら、母の日の良い思い出になります。旅行でなくても、近くの温泉施設や観光スポットなどはいかがですか。


忙しいお母さんへの美容プレゼント
いつもお母さんはお掃除、洗濯、お料理に育児やお仕事などでなかなかのんびりする時間がないものです。そんなお母さんにエステのプレゼントも素敵ですね。「のんびり行ってきてね」という一言を添えてみて下さいね。

やっぱり物をプレゼントをしたい


 

 

とろけるスイーツ作戦
普段の生活では、わざわざスイーツ店に行って洋菓子を買う余裕はないものです。チョコレートにケーキ、クッキー、アイスクリームなど色々なスイーツがあります。あまいプレゼントで日頃のお母さんの疲れをとろけさせちゃいましょう。


「いいな」作戦

お母さんが、何気なくテレビを見ていた時、雑誌を見ていた時、知人友人について羨ましそうに言っていた一言で、「いいな」と呟いていたことはありませんか。パッとは思い出せないかもしれませんが、ちょっと考えてみると気づくかもしれません。



観察作戦

欲しそうな物が見つからない場合、普段当たり前に使っている物を母の日にプレゼントするのも手です。お母さんが手にして使っているものは何ですか?イヤリングやネックレスや指輪をいつもしていたら、アクセサリーがきっとお好きなのですから、髪飾りやブレスレットもきっと喜ばれるはずです。

食事は買って来たお惣菜より手作りが多い場合、おしゃれなキッチン用品をプレゼントしたらよろこばれるはずですので、お母さんの好きな色が入ったエプロンや流行の食をヒントにキッチン用品を選んでみるのも楽しいと思います。

0円だけど絶対喜ばれる「母の日」に贈るもの

母の日の一番の目的は「いつもありがとう」と感謝を伝えることです。

毎日当たり前に食べているお料理に「いつもお食事を用意してくれてありがとう」。洗濯されたお洋服を着る度に「いつも洗濯してくれてありがとう」など声を添えていますか。

年に一度の母の日には、物を買わなくてもいいのでメッセージカードや言葉で「ありがとう」と感謝の気持ちを贈りましょう。その心遣いのプレゼントに勝るものはないです。

母の日を機に

普段の会話が少ない場合などは、お母さんの事を知っているようで、分かっていない場合もあります。

一番親しい家族の事を知る良い機会になりますので、来年の母の日の準備として、お母さんに色々と質問してみましょう。きっと楽しい会話になりますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です