北朝鮮のミサイル発射?!子供がいる家庭で備えるもの、5つ!

実は、北朝鮮のミサイル発射に備えて準備したものがあります。

それは、東日本大震災時に備蓄がなくて仕事がある上に保育園児を抱えての余震放射線問題で大変な思いをした経験からです。

北朝鮮問題は解決をしていません。実際に着弾するかは分かりませんが、この数十年のミサイル開発で精度は上がって来ているのは明白の事実です。

北朝鮮のミサイル発射に、ママが備えられること。

いつまで続くか分からない北朝鮮のミサイル発射。

実際に被災した時にはじめて、

「こんなに戦争やテロに合う事はこんなに大変だったんだ。本当に支援はありがたい。もっと支援をしておけばよかった。もっと防災できることはあった」と思うのかな?と想像しています。

だからこそ平凡な日常生活の今のうちに、地震と同様に北朝鮮に備えておこうと思っています。

結局何も起こらなかった、役に立たなかったと思える事を祈りつつ、備蓄がなくて困った経験から、小さな子供がいるからこそ買って備えておきたいと思っています。

北朝鮮,ミサイル,防災,保育園

1、無洗米でなくても洗わず炊ける!「お米10キロ」

お米さえあれば多少はしのげます。無洗米より普通米が好きなので10キロを購入しました。

多くの国ではお米は研がないのですが、日本人は衛生的な国民性のため研ぐのが習慣になっています。

無洗米は米粒の糖を取り除いているだけです。決して洗ってある訳ではありません。無洗米の米粒は小さく、削った分だけ味も薄味になります。

普通米を洗わないで食べると、研がない分、栄養価が高く風味や粘り化が増します。

だから、災害時には普通米を洗わずにお米を美味しく食べられます。

配給があったとしても、その長蛇の列に小さな子供と並ぶのは現実的にムリ!

無洗米でも普通米でもお米を10キロで購入しておけば心に余裕ができます。

2、被災者に教わった何にでも使える「トイレットペーパー」

東日本大震災時の発生直後に特派員として東北に長期滞在した方に、有事の際に便利なものを伺ったところ「トイレットペーパー」とのことでした。

水が貴重になり、配給された物を衛生的に食べるの事も困難になります。有事が発生するとトイレにも困ります。

何にでも便利に使えるトイレットペーパーは役に立つそうです。

いつもより1パック多めに備蓄しておくだけで安心感が増します。毎日使用するものですので、多めに備蓄していてもあまり苦にならないです。

3、家から小さな子供と逃げる場合に備えて「抱っこ紐」

普段使うことのない抱っこ紐。

使わなくなったものは早く処分してしまいたいのですが、有事の事態を想像すると、役に立つかもと思って「抱っこ紐」は取ってあります。

防災の備蓄って、生き延びられた場合を想定した話です。

生き延びるためにどうするかを想定してすると、未就学児の体型でしたら「抱っこ紐」で逃げ延びるのに役に立つかもしれません。

戦争映画や絵本で描かれているよう状況で、子どもと離れないようにするために避難するためには?

いざとなれば小学生でも紐があると便利かもしれません。

4、避難バック・避難リュックは玄関に♪

命からがら逃げて助かった時に、あったらいい物が全て揃っているのが防災リュックです。

いちいち全てを揃えるのは大変ですし、アレコレと迷ってしまいます。消防士さんが厳選した、3日間生き抜くためのセットになっていますので大変安心できる防災グッツです。

詳細は公式サイトにてご確認ください。楽天の最安値へのリンクです

価格:9,880円
(2017/4/28 12:39時点)
感想(416件)


期間限定
で防災マニュアルを配布しているようです。

 

5、有事でも絶え間なく水を配達していた「アクアクララ」

北朝鮮のミサイルが日本国内のどこかに落ちた場合、断水になる可能性は大きいと思います。地震同様、重い水を家の中に確保しておくのは子育てファミリーには必須です。

お水は、一人1日3リットルが目安になります。

アクアクララは東日本大震災で、仙台2カ所と茨木2カ所の給水プラントが使えなくなったそうですが、日本全国に65カ所の給水プラントがあるため、全国に配達しつづけたという実績があるそうです!

「アクアクララ」はどんな時も配達してくれる可能性が高く、RO膜を使って濾過している安心だと思います。

RO膜は水に含まれた放射線ヨウ素(I−131)を除去するための唯一有効な手段であることが発表されています。(独立行政法人 放射性医学総合研究所)

天然水のミネラルウォーターは天然であるがゆえに、天候によって左右されたり、環境汚染物質が混ざりやすいお水になります。

 

天然のミネラルウォーターには美味しさがあるように、お水には美味しさも大切なので、アクアクララの純粋なRO水にカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムを配合して日本人好みの軟水にしてあります。

【宅配無料】アクアクララは1リットル100円で運んでもらえる♪

東日本大震災の後にあったのが余震・放射線問題に加えて、停電です。

アクアクララは有事の際にも運んでもらえる可能性が高いことと、RO膜で安全な水であることが特徴です。

停電になった時に使えるのは、「アクアアドバンス」ではなく「アクアスリム」です。アクアアドバンスは停電になると電動式なので使えなくなりますが、アクアスリムは手動式なので停電時でも使用できます。

見た目でいうと「アクアアドバンス」の方が素敵♡なのですが、有事を考えると「アクアスリム」がオススメです。

どちらにしても、アクアクララは1リットル100円という安さで、安心で安全な美味しいお水を買えるのでかなりお得♪

 

東日本大震災では備蓄がなくて小さな子連れで大変だった経験から、震災やテロで冷静でいるのは難しいと考えています。

東日本大震災では、ヨウ素の問題で東京都から1歳以下の子供限定で水の配給がありました。

そこで問題となったのが、

1歳すぎたら水道水を飲んでいいの?!

年齢が違っても大切な子供には変りません。

家庭では、1歳にはペットボトルの水、それ以上の子供には水道水をあげるという話にはなりにくいと思います。

日頃から防災グッツがあったり、備蓄があると心の安定が違いますので、お水も有事の際のために多めに備蓄しておくのもいいかもしれません。

▶︎アクアクララ 公式サイト

 

 

Follow me!