内田理央が仮面ライダードライブになれた秘訣



内田は『仮面ライダードライブ』に起用されなければ芸能界を引退することを考えていたといい、「18歳でデビューし、社会人となる23歳が区切りと考えていた。自分の納得のいく仕事ができなければ辞めることはずっと考えていた。辞めたら就職するつもりだった」と述べている

“「仮面ライダー」話題の美女・内田理央「ライダー決まらなければ引退してた」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2015年4月27日) 2016年4月27日閲覧

以前ラジオの番組で内田理央さんが、加藤浩次さんに「お芝居がやりたいです」と相談したところ、「やりたい事があるのなら大人に言いなよ」とアドバイスをもらったそうです。

「あっ、そっか言えばいいのね」と思ってマネージャーさんに「お芝居がやりたいです」と伝えたからお芝居の仕事ができるようになった。

と、日本テレビ「スッキリ!!」2017/3/29放送でお話していました。

 

人に相談する

私の想像ですが、内田理央さんは加藤浩次さん以外にも相談していたと思います。色々相談して考えて、たまたま加藤浩次さんの「やりたい事があるのなら大人に言いなよ」というアドバイスを聞いた時にストンと腑に落ちたのだと思います。

素直に言われた通りにやってみる

相談し続けるだけでは、変りません。加藤浩次さんの「やりたい事があるのなら大人に言いなよ」とアドバイスを聞いて、2つの選択肢がありました。「そうは言われても言えないよ〜」or「そっか、実行してみよう」

内田理央さんは、「そっか、実行してみよう」と思ってマネージャーさんに相談できたのは、素直さがあったからですね。

素直に聞いても、言われた通りにしたくない場合

素直に人の話を聞いていても「そうは言われても言えないよ〜」と思ってしまうこともあると思います。

その場合は、素直に思った事を伝えましょう。「そうは言われても、本当に大人に言っていいのですか?」とか、「大人ってどうやったら聞いてくれるのですか?」など。

素直に気持ちを話してみると、案外相手も素直に質問に答えてくれるはずです。例えば、「そうなのね、言えないのね」と言えない原因を解決する方向に持って行ってもらえるかもしれません。

 

まとめ 内田理央が仮面ライダードライブになれた秘訣
  1. 素直に聞く
    人の話を素直に聞く雰囲気があったからこそ、加藤浩次さんもアドバイスできたはずです。素直にお話を聞く姿勢は大事ですね。
  2. 素直にやる
    そして、素直に加藤さんのアドバイスの通りにやってみたからこそ、仮面ライダードライブのオーディションに行くきっかけとなった。

彼とやり直したい 復活愛ならヴェルニ



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です