カルシウムが気になる子どもに、3歳からOKのmiteteキッズサプリ

日本人は慢性的なミネラル不足で、特にカルシウムの摂取量が少ない現状をお伝えしました。カルシウムを意識的に摂取するようになりましたか?

今回は簡単にカルシウムを3才の子どもに簡単に食べさせられる「おやつ」のようなカルシウムサプリをご紹介します。

「miteteキッズサプリ」公式サイトはこちら▶︎

栄養マルチサプリメント「miteteキッズサプリ」。

「miteteキッズサプリ」は、お子様の栄養バランスを考え、「成長」「勉強」「健康」に大切な成分をふんだんに盛り込んだサプリメントです。 親や子どもの希望や意見にそって 「カルシウム」「DHA」「乳酸菌」+(野菜・鉄)まで含まれています。バランスの良さは色々あるサプリメントの中で秀逸だと言えます。

子供用サプリメントというと大人と同じような錠剤タイプで、小学生以上が対象の商品が多くあります。「miteteキッズサプリ」は、ラムネのような感覚で歯が生えて噛んで食べることができる3歳頃から始められます。

カルシウム,子ども

子供用のサプリメントは10代から使えるものが多いので、半分にしたりして使うのも不安ですよね。「miteteキッズサプリ」のようにしっかりと幼児用と記載のある商品を選びたいですね。

私の子どもは食事が大好きで野菜・肉・魚・ご飯をバランスよく食べます。食事から必要な栄養は取れていると考えていました。しかし、機能性食品について勉強を始めてから必要な栄養が足りていないことに気づきました。

 

お夕飯はしっかり手作りし、のんびり食べる子供達のペースに合わせて1時間弱の食事時間ととっています。しかし、朝は・・・全く時間がないのが現状です。しっかり食べて欲しいけれど学校に遅刻はダメ!しっかり食べて欲しいけれど、会社に遅刻もダメ!全部食べて欲しいけれど、早く!!!と朝は大変です。

忙しい現代に生きる私たちにとっては、「miteteキッズサプリ」のようなもので栄養補助が必要な時代なのかもしれません。

赤ちゃんがいつの間にか歩き出したように、幼児期もあっという間に小学生になってしまいます。子どもの成長スピードには驚かされます。成長スピードに合わせた栄養を補えるように開発されたのが「miteteキッズサプリ」です。どのような特徴があるのかみてみましょう。

「miteteキッズサプリ」公式サイトはこちら▶︎

miteteキッズサプリ,子ども

「miteteキッズサプリ」の公式サイトには当然ながら良いことしか書いてありません。だからこそ口コミサイトの愛用者の声を聞きたくなるものですが、最近では口コミさえも本当かどうか怪しいものが多いですね。

当サイトでは広告には乗っていない情報を独自に調べて、原材料や本当の愛用者の評価も確認しながら「miteteキッズサプリ」についてお伝えしたいと思います。

今回の「miteteキッズサプリ」を通して、子育て中の方が原材料などに興味をもち、より安全安心な商品を選ぶ基準作りの手助けになれば幸いです。

100組の親子に聞いた「miteteキッズサプリ」とは?

項目 miteteキッズサプリ 概要
商品名 miteteブランド / miteteキッズサプリ
種類 噛むサプリメントのパイン味
価格 1800円 60円/1日3粒あたり
会社概要 1982年創業の健康食品会社,従業員316名

 

キッズサプリの特徴

  • カルシウムとマグネシウムが2:1で配合された天然のドロマイトを使用
  • 乳酸菌・DHA・カルシウム・野菜・鉄が配合
  • 放射性セシウムスクリーニング検査を実施

 

子どもが食べても大丈夫な安心安全なイメージが持てますね。イメージだけでは心配ですので、特徴としてあげた点について詳しく見ていきましょう。

miteteキッズサプリ,子ども

「miteteキッズサプリ」の原材料は何でしょうか?

miteteキッズサプリの原材料一覧
ドロマイト、還元麦芽糖水飴、デキストリン、パイナップル果汁末、澱粉、乳酸菌(殺菌)、塩化ナトリウム、カボチャ末、ニンジン末、ホウレンソウ末、砂糖、DHA含有精製魚油、食用油脂、たん白加水分解物、ステアリン酸Ca、酸味料、甘味料(キシリトール、スクラロース、アセスルファムK)、微粒二酸化ケイ素、香料、ピロリン酸第二鉄、HPC、増粘剤(アラビアガム)、乳化剤、レシチン、酸化防止剤(V.E、V.C)、V.D、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

 

原材料名はそれぞれ何g入っているかは企業秘密で公開されていませんが、基本的に入っている量が多い順に記載されています。

ネーミングが少し怖い、ドロマイトとは何でしょうか?!

ドロマイトは珊瑚などの生物が海底に堆積して石灰岩になった後、カルシウムの一部が海水中のマグネシウムで置き換わって生成した、生物由来の鉱石です。 天然のミネラル素材のひとつで、カルシウムとマグネシウムが2対1の理想的なバランスで含まれています。

ドロマイトは吸湿性がなく加工性に優れているため、食品衛生法では、用途制限の無い一般食品として扱われています。また、安全性が高く、サプリメントをはじめとする健康食品、飲料、乳製品、麺類、等幅広いジャンルでの応用がなされています。

日本でも少量のドロマイトは取れますが、スペイン、イタリア、インド、ナミビアなどが主な原産国になります。

カルシウムとマグネシウムが2対1の理想的なバランスとは、さすが天然のミネラル素材です。ドロマイドというネーミングだけでは判断できませんね。

 

甘みは何でできていますか?

それでは、次に子どもが大好きな甘み、でも虫歯菌も大好きな甘みについての成分を調べてみましょう。もう一度原材料名を表示します。

いくつ甘み成分を見つけられますか?

miteteキッズサプリの原材料一覧
ドロマイト、還元麦芽糖水飴、デキストリン、パイナップル果汁末、澱粉、乳酸菌(殺菌)、塩化ナトリウム、カボチャ末、ニンジン末、ホウレンソウ末、砂糖、DHA含有精製魚油、食用油脂、たん白加水分解物、ステアリン酸Ca、酸味料、甘味料(キシリトール、スクラロース、アセスルファムK)、微粒二酸化ケイ素、香料、ピロリン酸第二鉄、HPC、増粘剤(アラビアガム)、乳化剤、レシチン、酸化防止剤(V.E、V.C)、V.D、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

 

お分かりになりましたか?それでは正解を赤字で発表いたします。

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

⬇️

 

miteteキッズサプリの原材料一覧
ドロマイト、還元麦芽糖水飴、デキストリン、パイナップル果汁末、澱粉、乳酸菌(殺菌)、塩化ナトリウム、カボチャ末、ニンジン末、ホウレンソウ末、砂糖、DHA含有精製魚油、食用油脂、たん白加水分解物、ステアリン酸Ca、酸味料、甘味料(キシリトール、スクラロース、アセスルファムK)、微粒二酸化ケイ素、香料、ピロリン酸第二鉄、HPC、増粘剤(アラビアガム)、乳化剤、レシチン、酸化防止剤(V.E、V.C)、V.D、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

 

miteteキッズサプリの原材料には主に3つの甘味が使用されていました。上から順に確認しましょう。

還元麦芽糖水飴:虫歯にならないのが特徴で、還元麦芽糖(マルチトール)の原料は、とうもろこしやじゃがいもなどのデンプンから作られています。

虫歯にならないとは、子どもや親に優しい素材を使っていますね!

砂糖:隠れ、砂糖を発見しました!(隠れていた訳ではないですが^^;)残念ながら砂糖は虫歯の原因ナンバー1です。

甘味料(キシリトール、スクラロース、アセスルファムK):虫歯菌の元なりません。

miteteキッズサプリ」に含まれているカルシウム

カルシウムはどの程度配合されているのでしょうか?有効成分として「miteteキッズサプリ」の1粒にはカルシウム32gが含まれていることが分かりました。

1日3粒食べるようにすすめられているので、1日96gのカルシウムが取れる計算になります。3歳から始めるキッズサプリとしてちょうどよい量と言えます。

 

「miteteキッズサプリ」の原材料のまとめ

大人が飲むサプリメントと違って、子どもは味がイヤだと「口から吐き出します」一度嫌いになったものは、大人が頑張っても言う事を聞いてくれないのが幼児の特徴です。「miteteキッズサプリ」は3歳からのサプリメントですので砂糖などで甘みをつけるのは仕方ない部分もあります。

全体の原材料の表示から考えても、一番容量が多いのはカルシウムとマグネシウムのドロマイドだといえますので、よく工夫をされたサプリメントです。

「miteteキッズサプリ」の食べ方

「miteteキッズサプリ」のサイトでは3歳からと表記がありました。では3歳の基準とは何でしょうか?

育児には様々な考え方や方法がありますが、一般的に1歳ごろから歯が生え始め、離乳食を食べ始めます。2才過ぎたら普通食を食べているお子さんも多いですね。歯で噛む咀嚼力(そしゃくりょく)をつけられたらキッズサプリを試しても大丈夫な年齢と言えそうです。

また、与え方ですが普段お菓子を食べていない子どもには「miteteキッズサプリ」は甘く感じると思います。キャンディー・ラムネ・チョコレート・キャラメルなどと同等の「おかし」として出すのがおすすめです。

 

コラム 日本の卓球が強くなったのには訳がある、エリートアカデミー

日本人が世界選手権やオリンピックで多くのメダルをとるのを見るのは嬉しく楽しいものですね。その選手自身の努力も素晴らしいですが、影で支えてきたのは何でしょうか?

日本の卓球では、若い卓球選手のエリートを育てるエリートアカデミーを作り、卓球の技術力の向上と、栄養学に基づいた食事を提供し身体機能の向上に努めています。毎食、計算された質の高い料理を食べることにより、身体の体調が整い、練習ができて試合に挑むことができるのです。

卓球の若者たちのメダルラッシュは、エリートアカデミーで卓球技術を磨きと身体作り継続したからこその結果なのですね。

 

「miteteキッズサプリ」公式サイトはこちら▶︎

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です